パロマー写真星図(読み)パロマーしゃしんせいず

世界大百科事典 第2版の解説

パロマーしゃしんせいず【パロマー写真星図 Palomer Sky Atlas】

アメリカのパロマー山天文台で1950‐56年に製作した赤緯-33゜以北全天の写真星図で,アメリカ地理学協会との共同事業である。口径126cmのシュミット望遠鏡によって36cm角の乾板に6.6゜角の空を撮影。赤と青の色フィルターを用いる白黒写真で各935枚。青は10~15分露出で21.1等,赤は40~60分露出で20.0等までを写す。ガラス乾板印画紙ネガ焼付けをした複製品が販売された。同様の撮影を将来実行すれば固有運動(遠い銀河系外天体を基準として)に関する重要な資料が得られると期待される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android