コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パワーステアリング power steering

翻訳|power steering

百科事典マイペディアの解説

パワーステアリング

自動車の普通の舵取機構の途中に動力装置を設け,舵取操作に必要な力を補い,軽快に舵取できるようにした装置。動力源は油圧。自動車の速度が速くなるにつれてハンドルが重くなるようにした車速感応式が主流。
→関連項目操舵装置

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

パワーステアリング【power steering】

自動車で、エンジンで駆動されるオイル-ポンプの油圧や電動モーターを利用してハンドル操作にかかる力を軽減する装置。ハンドル操作が軽くなる。パワステ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パワーステアリング
ぱわーすてありんぐ
power steering

倍力装置(サーボ)付きの操向装置。運転者がステアリングホイール(ハンドル)を回す力をほかの力で補う省力装置の一つである。かつては大型乗用車や大型トラック、バスなどにのみ備えられていたが、1960年代に前輪荷重の大きい前輪駆動が普及してからは、小型大衆車にも装備されるようになった。エンジンで油圧ポンプを駆動して、リザーバーに油圧を蓄えておき、ステアリングシャフトが回されると、その先についた油圧バルブを開き、ピストンで前輪を操向する力を助ける。ステアリングを適度に軽くしつつ、路面感覚を適度に残したものが優れたパワーステアリングで、その程度については各メーカーの技術者が苦心している。最近では、駐車時や低速ではパワーの効きが強く、高速では安全性のために効きが弱くなる(重くなる)速度感応式のパワーステアリングも珍しくない。[高島鎮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパワーステアリングの言及

【自動車】より


[エンジン]
 自動車が走るために必要な動力を供給するものがエンジンである。このほかエアコンディショナーのコンプレッサーやパワーステアリングのオイルポンプの動力源としても共用される。自動車のエンジンは4サイクルガソリンエンジンが主として使われているが,最近ではディーゼルエンジンを採用する例も増えている。…

※「パワーステアリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パワーステアリングの関連キーワード三菱ふそう キャンター エコ ハイブリッド日産ディーゼル 大型低床路線バストヨタセンチュリーVG20D三菱ふそう スーパーグレートいすゞ 大型観光バス ガーラ日産ディーゼル コンドル日産ディーゼル クオントヨタ ハリアーHVステアリング装置トヨタ プリウス三菱 ギャランフォークリフトバス(自動車)いすゞ ギガ臼井国際産業ジェイテクト日発精密工業飯塚製作所アミテック昭和精工

パワーステアリングの関連情報