パンジャーブ問題(読み)パンジャーブもんだい

百科事典マイペディアの解説

パンジャーブ問題【パンジャーブもんだい】

インドで1970年代末から1990年代初めにかけてシク教徒が展開した反中央政府運動の総称。インド北西部パンジャーブ地方では,1970年代末以降,アカーリー・ダルの穏健路線を不満とするシク教徒の過激派カールサーなどがシク独立国〈カーリスターン〉設立を求める闘争を展開,1980年代には深刻な国家的問題に発展した。1992年の州議会選挙後,事態は沈静化しつつある。→シク教コミュナリズム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android