コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンダイ島 パンダイトウ

2件 の用語解説(パンダイ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パンダイ‐とう〔‐タウ〕【パンダイ島】

Pulau Pandai》⇒パンタル島

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンダイ島
ぱんだいとう
Pulau Pandai

インドネシア中部、小スンダ列島東部のアロル諸島にある島。別称パンタルPantar島。面積730平方キロメートル。山がちな地形をなし、南東部に標高1365メートルのデラク火山がそびえる。海岸線は複雑で、東岸はパンタル海峡、西岸はアロル海峡に面する。島一周の道路が開設されており、カヤン、カビル、ラトゥナなどの集落が西岸に立地している。住民はアンボン・チモール系種族で農耕と漁業に従事しているが、開発は遅れている。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パンダイ島の関連キーワードバリ島ペナン島レダン島アロール島アンボン島ウェタル島エンガノ島オビ島カパス島カパライ島

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone