パン・アフリカ会議(読み)ぱんあふりかかいぎ

世界大百科事典内のパン・アフリカ会議の言及

【アフリカ】より

… ナショナリズム運動とならんで,アフリカの解放に大きな役割を果たしたものにパン・アフリカニズム運動がある。19世紀末期のアメリカ合衆国および西インド諸島のアフリカ系人のあいだに生まれたパン・アフリカニズム志向は,1900年にシルベスター・ウィリアムズによってロンドンで開かれたパン・アフリカ会議を機にはっきりした一個の運動へと発展した。このパン・アフリカニズム運動はその後アメリカの黒人運動家デュボイスを指導者として両大戦間期前半に欧米各都市を舞台に,1919年,21年,23年,27年と計4回のパン・アフリカ会議を開催し,欧米世界のアフリカ系人,およびアフリカ人の解放のために力を尽くした。…

【パン・アフリカニズム】より

…パン・アフリカニズムとは,19世紀末にアメリカ合衆国やカリブ海地域のアフリカ系知識人によって生み出され,第2次世界大戦前は主として欧米各地を舞台に,戦後はアフリカ・ナショナリズムと結合して,おもにアフリカを舞台として,成長,発展した〈アフリカ人,アフリカ系人の主体性の回復およびアフリカの歴史的復権,独立と統一〉を目ざすイデオロギー運動である。 その前半期すなわち第2次世界大戦以前の時期には,運動はパン・アフリカ会議を主軸として展開された。まず1900年にトリニダードのアフリカ系人弁護士シルベスター・ウィリアムズHenry Sylvester‐Williamsの提唱で,パン・アフリカ会議Pan‐African Conferenceがロンドンで開催され,アフリカへの西欧植民地主義の侵略と人種的差別に対する抗議を,会議の名において行った。…

※「パン・アフリカ会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android