コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーシキビ Paasikivi, Juho Kusti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーシキビ
Paasikivi, Juho Kusti

[生]1870.11.27. タンベレ
[没]1956.12.14. ヘルシンキ
フィンランドの政治家。ウプサラライプチヒ大学で法律と歴史を学び,1902年ヘルシンキ大学講師。実業界を経て,08年政界に入り,フィンランド独立後,20年ソ連との講和会議の首席全権。 39年秋ソ連の領土要求をめぐって平和的解決に努力したが失敗。冬戦争 (1939~40) では対ソ早期講和を促進し,第2次世界大戦では対ソ休戦協定の締結 (44) にあたった。 44~46年首相,46~56年大統領として,対ソ関係の安定に専念した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パーシキビ【Juho Kusti Paasikivi】

1870‐1956
フィンランドの第7代大統領。在任1946‐56年。商家に生まれ,一時孤児となるが,法律を学び,大学講師を経て国会議員となる。国の独立後の1920年,ソビエトとの講和条約締結に尽力。39‐40年,41‐44年の2度にわたるソ・フィン戦争時には,開戦直前の交渉団員,戦間期のモスクワ駐在大使など重要任務を受け持つ。戦後,首相を経て大統領となり,対ソ関係の改善に努め,48年には〈友好・協力・相互援助条約〉を結ぶなどして,〈パーシキビ路線〉と呼ばれる対ソ協調策を確立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のパーシキビの言及

【フィンランド】より

…在任1940‐43)が,その末期の混乱期はマンネルヘイム元帥(在任1944‐46)が担当した。続いてパーシキビPaasikivi(在任1946‐56)が2期務め,56年からケッコネンが5選され25年間も大統領の座にあった。1982年以降はコイビストMauno Koivisto(1923‐ )が第9代大統領の職にあった。…

※「パーシキビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パーシキビの関連キーワードユホ・K. パーシキビケッコーネンケッコネン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android