ヒイラギソウ(読み)ひいらぎそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒイラギソウ
ひいらぎそう / 疼木草
[学]Ajuga incisa Maxim.

シソ科の多年草。茎は四角形で直立し、高さ30~50センチメートル、短毛がある。葉は対生し、卵形で長さ5~10センチメートル、粗い歯牙(しが)があり、ヒイラギの葉を思わせるところから名がついた。5~6月、茎の上部の葉腋(ようえき)に長さ約2センチメートルの青紫色花を開く。花冠は二唇形、上唇は短く2裂し、下唇は大きく開出して3裂する。萼(がく)は筒状で長さ約7ミリメートル、先は5裂し、とがる。山地の木陰に生え、関東地方から中部地方に分布する。[村田 源]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android