ヒインコ(読み)ひいんこ(英語表記)lory

翻訳|lory

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヒインコ」の解説

ヒインコ
ひいんこ
lory
lorikeet

鳥綱オウム目インコ科に属する鳥の総称。この科Loriidaeの仲間はインコとしては小形から中形で、全長15~32センチメートル。11属55種があり、太平洋諸島、モルッカ諸島、ニューギニア島、パプア諸島、北部オーストラリアに分布する。体はほっそりと締まり、尾はくさび状が多いが、オビロインコ類では短く角尾、パプアオナガインコでは中央尾羽がとくに長く、全長42センチメートルに達する。血赤色の羽色が特徴であるが、緑色の小形種イロドリインコ、緑や黄、青、赤の混じるゴシキセイガイインコ、赤に黒や紫斑(はん)のあるオトメズグロインコ類、暗赤血色のエビチャインコ、黒のスミインコ、紫青色で胸の白いノドジロルリインコなどもある。果実や花粉、花蜜(かみつ)食で、その適応として(くちばし)は上品で多くは赤色、上嘴はやや長く前方に動きやすく、管状で先がブラシ状の舌が特徴である。赤い羽色も、花の赤色への保護適応色と思われる。

黒田長久

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヒインコ」の解説

ヒインコ
Eos bornea; red lory

インコ目インコ科。全長 30cm。体の大部分鮮紅色で,肩羽,下腹部,下尾筒は青く,風切は黒褐色である。オレンジ色,脚は黒い。舌の先がブラシ状になっていて,花蜜や柔らかな果実を好んで食べる。インドネシアマルク諸島に分布し,飼鳥として日本にもときどき輸入される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヒインコの言及

【オウム(鸚鵡)】より

…6種がニューギニアとその周辺の島に分布する。ヒインコ(セイガイインコ)亜科は羽色の美しいインコ類で,全長12~35cmの小・中型種を含む。舌の先端がブラシ状になっていて,花をかみくだき,みつをその舌でなめとる。…

※「ヒインコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android