ヒゲシバ(読み)ひげしば

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒゲシバ
ひげしば / 鬚芝
[学]Sporobolus japonicus (Steud.) Maxim.

イネ科の一年草。全体に腺点(せんてん)が散生する。稈(かん)は直立し、高さ5~30センチメートル。葉は堅く、縁(へり)に長くて堅い毛がある。8~10月、稈頂に円錐(えんすい)花序をつける。小穂は卵形で長さ2~2.2ミリメートル、先は丸い。第2包穎(ほうえい)は小穂よりわずかに短い。湿地に生え、本州から九州、および中国に分布する。名は、葉の縁にある長毛をひげに見立てたもの。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒゲシバの言及

【オヒゲシバ】より

…日本では本州の中部以南から琉球諸島にかけて,海岸近くの草地や荒地に時々見られる。本種に似て少し小型で,穂が細いヒゲシバC.radiata Swartzは1895年熱帯アメリカから小笠原諸島に入ったが,現在では関東以西の近海地にオヒゲシバとともに帰化している。和名鬚芝(ひげしば)は長い芒と毛のある穂に由来し,男鬚芝は大型のヒゲシバの意味である。…

※「ヒゲシバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android