ヒトコトヌシノカミ(一言主神)(読み)ヒトコトヌシノカミ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトコトヌシノカミ(一言主神)
ヒトコトヌシノカミ

大和国 (奈良県) 葛城山の神。カツラギノカミカツラギヒトコトヌシノカミともいう。一言で吉凶を決定する力をもつ神とされる。『古事記』によると,雄略天皇が葛城山に登ったとき,天皇の行列と同一装束の行列に出会い,怒った天皇の問いに「吾は悪事も一言,善事も一言,言ひ離つ神,葛城の一言主大神ぞ」と答えたので,恐縮した天皇は自身の武器や臣下の衣服などの一切をこれに献じたという。『今昔物語』『日本霊異記』では役小角 (えんのおづぬ) との関係で伝えられている。奈良県御所市森脇の葛城一言主神社に祀られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android