コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトコトヌシノカミ(一言主神) ヒトコトヌシノカミ

1件 の用語解説(ヒトコトヌシノカミ(一言主神)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトコトヌシノカミ(一言主神)
ヒトコトヌシノカミ

大和国 (奈良県) 葛城山の神カツラギノカミ,カツラギヒトコトヌシノカミともいう。一言で吉凶を決定する力をもつ神とされる。『古事記』によると,雄略天皇葛城山に登ったとき,天皇の行列と同一装束の行列に出会い,怒った天皇の問いに「吾は悪事も一言,善事も一言,言ひ離つ神,葛城の一言主大神ぞ」と答えたので,恐縮した天皇は自身の武器や臣下の衣服などの一切をこれに献じたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒトコトヌシノカミ(一言主神)の関連キーワード葛城葛城川かつらぎ葛城高原ロッジ奈良県葛城市葛木奈良県北葛城郡上牧町葛城台奈良県北葛城郡奈良県葛城市新庄奈良県葛城市當麻和泉葛城山

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone