コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒムロ

2件 の用語解説(ヒムロの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒムロ

サワラ(植物)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒムロ
ひむろ / 檜榁
[学]Chamaecyparis pisifera (Sieb. et Zucc.) Endl. cv. Squarrosa

ヒノキ科の常緑高木。サワラの園芸品種で広く庭木に使われる。高さ5~10メートル。樹皮は赤褐色、縦に薄片に裂ける。葉は開いて密に十字対生し、針状線形で長さ6ミリ、青白緑色で感じは柔らかく、サワラの実生(みしょう)苗の初期の葉に似る。結実はまれである。品種に、新芽が黄色のオウゴンヒムロ、低木で葉はやや短くて細いヒメヒムロ、低木で球状の樹形になるタマヒムロなどがある。繁殖は挿木による。陽樹で、サワラより耐陰性や樹勢は劣る。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒムロの言及

【サワラ(椹)】より

…また庭園樹,生垣としての利用はヒノキに勝るほどで,園芸品種も多い。枝葉が細長く垂れるヒヨクヒバ(イトヒバ),葉が播種(はしゆ)当年夏までの苗にみられるような針状葉のみでその色も青白緑色のヒムロ,刈り込まずに全体が円柱状球形になるタマヒムロ,葉が細長くとがり生垣に多く用いられるシノブヒバなどは形の変わったものである。色変りにも,新葉の黄金色になるオウゴンサワラ,オウゴンヒヨクヒバ,オウゴンシノブヒバ(ホタルヒバ,市場名日光ヒバ),白色になるフイリヒバなど美しいものがある。…

※「ヒムロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒムロの関連情報