コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒムロ

百科事典マイペディアの解説

ヒムロ

サワラ(植物)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒムロ
ひむろ / 檜榁
[学]Chamaecyparis pisifera (Sieb. et Zucc.) Endl. cv. Squarrosa

ヒノキ科の常緑高木。サワラの園芸品種で広く庭木に使われる。高さ5~10メートル。樹皮は赤褐色、縦に薄片に裂ける。葉は開いて密に十字対生し、針状線形で長さ6ミリ、青白緑色で感じは柔らかく、サワラの実生(みしょう)苗の初期の葉に似る。結実はまれである。品種に、新芽が黄色のオウゴンヒムロ、低木で葉はやや短くて細いヒメヒムロ、低木で球状の樹形になるタマヒムロなどがある。繁殖は挿木による。陽樹で、サワラより耐陰性や樹勢は劣る。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒムロの言及

【サワラ(椹)】より

…また庭園樹,生垣としての利用はヒノキに勝るほどで,園芸品種も多い。枝葉が細長く垂れるヒヨクヒバ(イトヒバ),葉が播種(はしゆ)当年夏までの苗にみられるような針状葉のみでその色も青白緑色のヒムロ,刈り込まずに全体が円柱状球形になるタマヒムロ,葉が細長くとがり生垣に多く用いられるシノブヒバなどは形の変わったものである。色変りにも,新葉の黄金色になるオウゴンサワラ,オウゴンヒヨクヒバ,オウゴンシノブヒバ(ホタルヒバ,市場名日光ヒバ),白色になるフイリヒバなど美しいものがある。…

※「ヒムロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒムロの関連情報