ヒメウラナミジャノメ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメウラナミジャノメ
ひめうらなみじゃのめ / 姫裏波蛇目蝶
[学]Ypthima argus

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。北海道より九州(屋久(やく)島を含む)にわたる全国各地に普通。しかし、対馬(つしま)および吐(とから)列島以南の南西諸島には分布しない。国外では朝鮮半島、中国北部に産する。小形のジャノメチョウで、はねの開張は39ミリメートル内外。はねの裏面に小さなさざ波状の斑紋(はんもん)があり、後ろばね裏面の眼状紋はウラナミジャノメの3個に対して、本種では5個。北海道あたりの寒冷地では年1回または2回の発生、九州あたりの暖地では年3回(4月中・下旬から5月、7月、8~9月)の発生。幼虫の食草はイネ科の雑草。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒメウラナミジャノメの関連情報