ヒメセンブリ(読み)ひめせんぶり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメセンブリ
ひめせんぶり / 姫千振
[学]Lomatogonium carinthiacum (Wulfen) Reichenb.

リンドウ科の一年草または越年草。茎は高さ2~15センチメートル。葉は対生し、長楕円(ちょうだえん)形。8~9月、淡青紫色の4~5弁花を上向きに開く。名は、全体がセンブリ属Swertiaのセンブリに似ているが、より小形であることによる。本州中部の赤石(あかいし)山脈、八ヶ岳(やつがたけ)の高山帯の風衝草原にまれに生える。ヒメセンブリ属は、花冠は深く4、5裂し、腺体(せんたい)は細裂する鱗片(りんぺん)に覆われ、柱頭は子房に沿下する。北半球に約10種、日本には本種のみ分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒメセンブリの言及

【センブリ(千振)】より

…イヌセンブリO.diluta (Turcz.) Ledeb.var.tosaensis (Makino) Toyokuniもセンブリに似ているが,薬効がやや劣るため,イヌの名をかぶせ,イヌセンブリという。属は違うが近縁植物として,北半球の高山や寒地に広く分布し,日本では南アルプスと八ヶ岳の高山帯にのみ産するヒメセンブリLomatogonium carinthiacum (Wulfen) Reichb.f.,日本では北海道に産するチシマセンブリFrasera tetrapetala (Pall.) Toyokuni,本州北・中部の高山帯に産する本種の小型亜種タカネセンブリssp.micrantha (Takeda) Toyokuniがあり,北海道および本州の高山にはミヤマアケボノソウSwertia perennis L.ssp.cuspidata (Maxim.) Haraが生育する。【豊国 秀夫】【新田 あや】。…

※「ヒメセンブリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android