コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメヤスデ

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメヤスデ

倍脚綱ヒメヤスデ目Juliformiaに属する節足動物の総称。全体はまるいひも状で頭部の前面はまるく,胴断面も円形で歩肢が短く,土壌中に潜入するのに適した体形をしている。胴節は30個以上。世界中に2000種以上が分布し,ヤスデ類の中でもっとも大型のフトヤスデ類(体長30cmを超えるものがある)を含むが,日本産の種類は1~6cmのものが大部分である。変態は脱皮ごとに体節数の増える増節変態で,成熟するのに3年ぐらいかかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメヤスデ
ひめやすで / 姫馬陸

節足動物門倍脚(ばいきゃく)綱ヒメヤスデ目Juliformiaのヤスデ類の総称。体形は黒色の細長い円筒状で、胴節数は50個前後、歩肢は100対ぐらいのものが多い。一般に頭は丸く、土中の割れ目に潜入するのに適しており、体長10~60ミリで、驚くと渦巻状になる。古来、この形から円座虫(えんざむし)などとよばれた。森林内の土壌中や朽ち木などにすみ、種類が多く、北半球の温帯に広く分布している。日本でもっとも普通にいるフジヤスデは全国に約20種知られ、洞穴にはコウモリのグアノを食べる体色が白化した種もある。[篠原圭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒメヤスデの関連キーワードリュウガヤスデ円座虫