コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒョウタンボク(瓢箪木) ヒョウタンボクLonicera morrowii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒョウタンボク(瓢箪木)
ヒョウタンボク
Lonicera morrowii

スイカズラ科の落葉低木で,キンギンボク (金銀木) ともいう。北海道,本州,四国の山地に自生し,ときに庭園にも栽植される。高さ 1.5mほどとなり,分枝が多く,対生する葉は楕円形で全縁,特に裏面に毛が多い。花は初夏に枝の葉腋に2花ずつ並んでつく。合弁花冠で基部は細い管状,上半部は5片に深く裂ける。初め白色,のち黄色となるのでキンギンボクの名があり,また球状の液果が2個ずつ接着するところからヒョウタンボクという。果実は赤く熟するが猛毒がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android