コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒョウタンボク

百科事典マイペディアの解説

ヒョウタンボク

キンギンボクとも。スイカズラ科の落葉低木。北海道,本州,四国の山野にはえ,日本海側によくみられる。葉は対生し,長楕円形で毛がある。5月,葉腋から花柄を出し,先端にふつう2個の花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒョウタンボク【Lonicera morrowii A.Gray】

山野にはえるスイカズラ科の落葉低木(イラスト)。花が多数咲くため,庭木や生垣とされる。高さ1~1.5m,細かく分枝する。葉は楕円形で対生し,長さ2.5~5.5cm,毛が多い。花は2個ずつつき,4~5月に咲く。花冠は長さ15~17mm,5裂片に分かれ,初め白く後に黄色くなる。このため金銀木の名もある。子房は下位で3室,基部に苞と小苞がある。液果は6~7月に2個が接して赤く熟し,ひょうたん状となる。食べると苦く有毒である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒョウタンボク
ひょうたんぼく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒョウタンボクの関連キーワードヒョウタンボク(瓢箪木)イボタヒョウタンボクオオヒョウタンボクヤマヒョウタンボクハナヒョウタンボクコウグイスカグラ大葉瓢箪木

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android