コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラタアブ ヒラタアブhover fly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラタアブ
hover fly

双翅目ハナアブ科のうち,腹部がやや扁平で,幼虫がアブラムシカイガラムシを捕食するグループをいう。一般に細形で,ハチに似た斑紋をもつものが多い。花に集り,また空中に停止するように飛翔することが多い。 (→ハナアブ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒラタアブ

双翅(そうし)目ハナアブ科(ショクガバエ科とも)ヒラタアブ亜科の昆虫の総称。体長15mm以下の小型種ばかりで,体は細長く,腹部に黄色の条紋がある種類が多い。幼虫はやや扁平な蛆(うじ)状で,アブラムシ類を食べるので,農林業上の益虫とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラタアブ
ひらたあぶ / 扁虻

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ハエ群アブバエ科のうち、体の腹部がとくに扁平(へんぺい)なショクガバエ(食蠅)の類をいう。この類は、従来ヒラタアブ科とされていたが、アブ群でなくハエ群であるためアブバエと改称された。[伊藤修四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例