コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラハコケムシ ヒラハコケムシ Membranipora serrilamella

2件 の用語解説(ヒラハコケムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラハコケムシ
ヒラハコケムシ
Membranipora serrilamella

触手動物門苔虫綱唇口目アミメコケムシ科。海藻の上に乳白色で薄い円形の群体をつくる。個虫は六角形または長方形で体壁が薄く,レース状群体に広がって直径数十 cmにもなる。内部の構造がよく透けて見え,ときに黄赤色の卵が充満する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラハコケムシ
ひらはこけむし / 平葉苔虫
[学]Membranipora serrilamella

触手動物門苔虫(こけむし)綱唇口(しんこう)目アミメコケムシ科の海産小動物。個虫とよばれる体長0.5ミリメートルほどの動物体が無性的に出芽し、海藻の上を平らに覆う群体をつくる。日本各地の沿岸で、コンブ、カジメなどの大形褐藻に付着し、直径30センチメートルを超えるほどに成長する。個虫は白色石灰質でできた長方体の虫室と、その中に収まった虫体とよばれる軟体部からなる。虫室の腹面は石灰化せずキチン質の表膜に覆われているので、中の虫体が透けてみえる。表膜の前方端近くに三日月形の口が開き、そこから17本前後の触手を出して餌(えさ)をとる。キフォナウテスとよばれる特異な幼生をもつ。この幼生は2枚の殻と完全な消化管を備え、長期にわたって浮遊生活を送る。北海道の内浦湾では、1970年(昭和45)以来毎年のように養殖コンブ上に群体が付着し、損害を与えている。
 近縁種には、北アメリカ沿岸にまで分布し、やはり大形群体をつくるキタアミコケムシMembranipora membranaceaや、ホンダワラなどの流れ藻の上に小形群体をつくるM. tuberculataなどがいる。[馬渡峻輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒラハコケムシの言及

【コケムシ(苔虫)】より

…フサコケムシBugula neritina,チゴケムシDakaria subovoideaなどは船底について船速を遅くさせたり,冷却水路を狭めるなどの害を与え,またホンダワラコケムシZoobotryon pellucidumやセンナリコケムシBowerbankia imbricataは定置網の水通しを悪くしたり,養殖貝を殺すこともある。ヒラハコケムシMembranipora serrilamellaは有用海藻について品質を低下させ,大きな被害を与えている。 コケムシ類の化石は古生代のオルドビス紀の初期から知られており,現生種が約5000種に対し,化石種は1万5000種あるといわれている。…

※「ヒラハコケムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒラハコケムシの関連キーワード苔虫類触手動物ベニアミコケムシ苔虫大毬苔虫アミコケムシコケムシ(苔虫)チゴケムシ(血苔虫)フサコケムシ(総苔虫)触手動物門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone