コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンドゥスターン Hindustān

翻訳|Hindustān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒンドゥスターン
Hindustān

ヒンドゥーの国の意。スタンとはペルシア語の接尾辞で,ペルシア語を話すイスラム侵入民がつけ加えたもの。ときにインド全体をさすのに用いられるが,歴史的には,デカン地方や南部インドと区別して,北部インドをさす。この地方,さらに限定すればパンジャブ地方とガンジス川上流平原地方は,おおむね地味が豊かで人口も多く,インドの富と自然のエネルギーを集約するインドの活力の主要舞台とみなされてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒンドゥスターンの関連キーワードヒンドゥスターン平原ヒンドゥスターニー語インド国営石油温帯夏雨気候ヒンドゥーチェスフレグ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android