ヒ・かぶら・うすい・うつくしい(漢字)

普及版 字通 の解説


12画

[字音]
[字訓] かぶら・うすい・うつくしい

[説文解字]

[字形] 形声
声符は非(ひ)。〔説文一下に「(かぶら)なり」とあり、かぶらの類。字は多く薄の意に用い、食・才のようにいう。芳のように、よく茂って美しい意に用いることがある。

[訓義]
1. かぶらの類。
2. うすい、すくない、つたない。
3. ものがまじわるさま、うつくしい。
4. 草であんだもの、ぞうり、草衣、草の戸。
5. 悲と通じ、いたむ、かなしむ。
6. 扉・(ひ)と通じ、とびら、奥まったくらいところ。

[古辞書の訓]
名義抄 ウスシ・カナラス・ワラグツ・カウハシ 〔立〕 ウスシ・イヤシ・ワラクツ

[熟語]

[下接語]
・春・芳

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android