ヒ・かぶら・うすい・うつくしい(漢字)

普及版 字通の解説


12画

[字音]
[字訓] かぶら・うすい・うつくしい

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(ひ)。〔説文〕一下に「(かぶら)なり」とあり、かぶらの類。字は多く薄のに用い、食・才のようにいう。のように、よく茂って美しい意に用いることがある。

[訓義]
1. かぶらの類。
2. うすい、すくない、つたない。
3. ものがまじわるさま、うつくしい。
4. 草であんだもの、ぞうり、草衣、草の戸。
5. 悲と通じ、いたむ、かなしむ。
6. 扉・(ひ)と通じ、とびら、奥まったくらいところ。

[古辞書の訓]
名義抄 ウスシ・カナラス・ワラグツ・カウハシ 〔立〕 ウスシ・イヤシ・ワラクツ

[熟語]

[下接語]
・春・芳

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android