コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひとく ヒトク

デジタル大辞泉の解説

ひとく

[副]ウグイスの鳴き声を表す語。「人来(く)」に掛けて用いられる。
「この時過ぎたる鶯の…― ―とのみ、いち早くいふにぞ」〈かげろふ・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとく

( 副 )
小鳥、特にウグイスの鳴き声を表す語。和歌では「人が来る」意にかけていう。 「鶯の- -といとひしもをる/古今 雑体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひとくの関連キーワード劇症型A群溶連菌感染症猪名川渓谷県立自然公園魚の生臭みを消すには?思想および良心の自由瀬戸英一(初代)ショットグラス満州某重大事件背戸の馬も相口パッセージ性的少数者鹿の子絞りウグイス三つの友パリティ元代美術速やけし住み悪しミミック秘密結社知明湖

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひとくの関連情報