コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビウィック Thomas Bewick

1件 の用語解説(ビウィックの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビウィック【Thomas Bewick】

1753‐1828
イギリス挿絵画家,版画家,ことに木口木版の普及者。14歳から生地ニューカスルの彫版師R.ベールビーの徒弟となる。《四足獣概説》(1790),《英国鳥類図誌》2巻(1797,1804)の挿絵で名声を確立した。彼が実用化した木口木版は,銅版画に劣らない細密な表現力と,活字と同じ凸版であることによる印刷の簡便さにより,新聞・雑誌の挿絵として発展した。彼の獣や鳥の挿絵は,毛並みや羽毛の質感まで緻密に描写され,樹木や茂みを背景にして生命感を与えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のビウィックの言及

【木版画】より

…エピナル版画images d’Épinalは19世紀におけるその一例であった(石版も使われた)。 18世紀末にイギリスのT.ビウィックが木口木版を考案した。17世紀末に本のカットに用いられたものを改良し,ツゲの木口の小片を彫刻銅版画を彫るビュランで彫るものであった。…

※「ビウィック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビウィックの関連キーワードイギリスオランダ戦争イギリス巻挿絵画家イギリス組曲世の光鈴木御水田代素魁富永謙太郎福島鉄次イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone