コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビウィック Thomas Bewick

世界大百科事典 第2版の解説

ビウィック【Thomas Bewick】

1753‐1828
イギリスの挿絵画家,版画家,ことに木口木版の普及者。14歳から生地ニューカスルの彫版師R.ベールビーの徒弟となる。《四足獣概説》(1790),《英国鳥類図誌》2巻(1797,1804)の挿絵で名声を確立した。彼が実用化した木口木版は,銅版画に劣らない細密な表現力と,活字と同じ凸版であることによる印刷の簡便さにより,新聞・雑誌の挿絵として発展した。彼の獣や鳥の挿絵は,毛並みや羽毛の質感まで緻密に描写され,樹木や茂みを背景にして生命感を与えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のビウィックの言及

【木版画】より

…エピナル版画images d’Épinalは19世紀におけるその一例であった(石版も使われた)。 18世紀末にイギリスのT.ビウィックが木口木版を考案した。17世紀末に本のカットに用いられたものを改良し,ツゲの木口の小片を彫刻銅版画を彫るビュランで彫るものであった。…

※「ビウィック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビウィックの関連キーワード宇田川榕菴大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎大英博物館銚子醤油フランクリン(Benjamin Franklin)ラランド(Joseph Jérôme Lefrançois de Lalande)日本の民家鹿都部真顔

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android