コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小勝 こかつ

2件 の用語解説(小勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小勝 こかつ

?-? 明治時代の女性。
もと東京日本橋の芸者。熊本鎮台司令長官となる種田政明身請けされ,熊本にいく。明治9年(1876)神風連の乱で政明は殺され,自らは負傷。その際東京の両親に「ダンナハイケナイ ワタシハテキズ」の電報をうつ。熊本城内の陸軍病院で治療をうけて回復し,西南戦争がおきると籠城(ろうじょう)して負傷兵を看護。これらの行動が評判になり,講談や錦絵にとりあげられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

小勝
コカツ


職業
芸妓

経歴
明治時代の芸妓。東京・日本橋大工町で芸妓となるが、熊本鎮台陸軍少将の種田政明に落籍され熊本に移る。明治9年10月神風連の襲撃をうけ、政明は斬殺され、小勝も負傷した。治療のため熊本城内の陸軍病院に送られ、10年回復したが、ここで西南戦争がおこり、そのまま籠城官軍傷病兵の看護に当たった。一躍有名人となり、講談師の新作講談で語られたり、画家によって錦絵に描かれたりした。乱鎮定後、東京に戻り、再び下谷数寄屋町から芸妓に出た。

没年月日
(生没年不詳)

伝記
「断腸亭」の経済学―荷風文学の収支決算 吉野 俊彦 著(発行元 日本放送出版協会 ’99発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小勝の関連キーワード江川次之進佐藤採花長寿庵米賀塚本定次土屋温斎鳥居清種(初代)二見朝隈本橋兼次郎柳廼屋露交弓の屋春兄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小勝の関連情報