コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエドマ湖 ビエドマこLago Viedma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビエドマ湖
ビエドマこ
Lago Viedma

アルゼンチン南部,サンタクルス州南西部にある湖。パタゴニア・アンデスの山中,チリとの国境近くに位置する。面積約 1090km2。西方にフィツロイ,ムラヨンなどのアンデスの高峰がそびえ,西岸には氷河が迫る。南約 50kmにあるアルヘンティノ湖を含む周辺一帯はロスグラシアレス国立公園に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビエドマ湖
びえどまこ
Lago Viedma

アルゼンチン南部、パタゴニア地方のアンデス山脈東麓(とうろく)にある湖。面積は1088平方キロメートル。過去の氷河によってつくられた氷河湖である。湖水は西方のアンデス山脈稜線(りょうせん)部に広く発達するパタゴニア南氷床によって涵養(かんよう)され、湖の南東端よりラ・レオナ川となって流出して南方のアルヘンティーノ湖へ注ぐ。ロス・グラシアレス国立公園の一部をなし、フィッツロイ山の岩峰が望める景勝地である。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビエドマ湖の関連キーワードアルヘンティーノ湖

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android