コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエラすい(彗)星 ビエラすいせい

1件 の用語解説(ビエラすい(彗)星の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ビエラすい(彗)星【ビエラすいせい】

1826年にW.vonビエラが発見したすい星。周期約6.6年で地球に接近,1772年,1806年に出現したすい星と同一であることが分かった。1832年にも出現,1846年にはすい星の核が二つに分裂,1852年には二つの小すい星が並んでいるのが観測された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ビエラすい(彗)星の関連キーワードガン効果タスカロラ海淵タスコビエラランビエ絞輪リビエラ欧氏管志賀菌レントゲン電流池谷薫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone