ビエラすい(彗)星(読み)ビエラすいせい

百科事典マイペディアの解説

ビエラすい(彗)星【ビエラすいせい】

1826年にW.vonビエラが発見したすい星。周期約6.6年で地球に接近,1772年,1806年に出現したすい星と同一であることが分かった。1832年にも出現,1846年にはすい星の核が二つに分裂,1852年には二つの小すい星が並んでいるのが観測された。以後は観測されていないが,1872年,1885年にはビエラすい星と同じ軌道をもつ大流星雨が観測された。すい星が崩壊して流星雨となった例である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android