コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエラすい(彗)星 ビエラすいせい

百科事典マイペディアの解説

ビエラすい(彗)星【ビエラすいせい】

1826年にW.vonビエラが発見したすい星。周期約6.6年で地球に接近,1772年,1806年に出現したすい星と同一であることが分かった。1832年にも出現,1846年にはすい星の核が二つに分裂,1852年には二つの小すい星が並んでいるのが観測された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ビエラすい(彗)星の関連キーワード官房学派パトチュカシュラーギントワイト兄弟ハウフ利益法学ヘルダー教会ドクトル・マブゼリービヒバーラクザイ朝ハウフ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android