コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスタカー びすたかーVista car

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビスタカー
びすたかー
Vista car

近畿日本鉄道が2階席のある特急電車につけたニックネーム。ビスタとは見通しのきく景色という意味。初代の10000系が1958年(昭和33)、2代目の10100系が1959年、3代目の30000系が1978年に登場した。2代目は1960年、3代目は1979年の鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞している。登場時の3代目は、4両編成の中間車2両に2階席があり、2階車の定員は1階が12名、2階が64名。2階席の床はレール面から1830ミリメートルで展望がよく、階下は2室のコンパートメントと冷房機器室であった。最高時速は110キロメートルであったが、のちに120キロメートルに対応するよう改造された。1996年(平成8)から大幅なリニューアルが行われ、愛称も「ビスタEX」に変更された。初代と2代目は、それぞれ1971年、1979年までに廃車になっている。[吉村光夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビスタカーの関連キーワード近畿日本鉄道(株)近畿日本鉄道ペレイラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビスタカーの関連情報