ビスタカー(読み)びすたかー(英語表記)Vista car

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近畿日本鉄道が2階席のある特急電車につけたニックネーム。ビスタとは見通しのきく景色という意味。初代の10000系が1958年(昭33)、2代目の10100系が1959年、3代目の30000系が1978年に登場した。2代目は1960年、3代目は1979年の鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞している。登場時の3代目は、4両編成の中間車2両に2階席があり、2階車の定員は1階が12、2階が64名。2階席の床はレール面から1830ミリメートルで展望がよく、階下は2室のコンパートメントと冷房機器室であった。最高時速は110キロメートルであったが、のちに120キロメートルに対応するよう改造された。1996年(平成8)から大幅なリニューアルが行われ、愛称も「ビスタEX」に変更された。初代と2代目は、それぞれ1971年、1979年までに廃車になっている。[吉村光夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (洋語vista car) 二階に展望室を設けた鉄道車両。二階式の展望車。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビスタカーの関連情報