コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスタカー ビスタカー

2件 の用語解説(ビスタカーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビスタ‐カー

《〈和〉vista+car》観光用の2階式の展望バスや電車。
[補説]英語ではdome car; observation carなどという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビスタカー
びすたかー
Vista car

近畿日本鉄道が2階席のある特急電車につけたニックネームビスタとは見通しのきく景色という意味。初代の10000系が1958年(昭和33)、2代目の10100系が1959年、3代目の30000系が1978年に登場した。2代目は1960年、3代目は1979年の鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞している。登場時の3代目は、4両編成の中間車2両に2階席があり、2階車の定員は1階が12名、2階が64名。2階席の床はレール面から1830ミリメートルで展望がよく、階下は2室のコンパートメントと冷房機器室であった。最高時速は110キロメートルであったが、のちに120キロメートルに対応するよう改造された。1996年(平成8)から大幅なリニューアルが行われ、愛称も「ビスタEX」に変更された。初代と2代目は、それぞれ1971年、1979年までに廃車になっている。[吉村光夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビスタカーの関連キーワード階下階上スカイラインレフレクターcar.サロンカーミニパトエレベーターガールワッハ上方徳光用水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビスタカーの関連情報