コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッグ・マン

デジタル大辞泉プラスの解説

ビッグ・マン

米国の作家リチャード・マーステン(エド・マクベインの別名)の小説(1959)。原題Big Man》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のビッグ・マンの言及

【ニューギニア[島]】より

…島全体で1000を超える異なる言語が話されており,部族単位で独自の文化をつくりあげている。ポリネシアなどと異なり世襲的な首長制はなく,富を蓄積しそれを人々に分け与えることで自らの指導者としての地位を保つビッグ・マンBig Manと呼ばれる人々が,主導権を握っている。【吉岡 政徳】
[ニューギニア島の部族美術]
 ニューギニア島では数多くの部族が密林にはばまれて互いに孤立し,それぞれ独自の文化を築きあげてきた。…

【パプア人】より

…儀礼が発達しており,多くはシングシングが伴う。リーダーシップは世襲ではなく,戦闘や部族間の交易によって築かれ獲得されたもので,氏族(クラン)ごとにいるリーダーはビッグマン(ピジン・イングリッシュで〈首長〉の意)と呼ばれた。ビッグマンは氏族の全面的支持を背景として対外関係を処理してきた。…

【メラネシア人】より

…メラネシアで複合的な政治組織が欠けている理由は明らかでない。各政治単位はビッグマンと呼ばれる1人の男によってリーダーシップがとられてきた。その地位は,部族間の武力争いや交易において名声を蓄積し実力で築かれたもので,世襲ではない。…

※「ビッグ・マン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビッグ・マンの関連キーワードランディ クロフォードジェー ニュージボーンジャーメイン オニールミネソタ・ツインズニューギニア島メラネシアトーライ族ビッグマンパプア州首長貝貨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android