コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビットリオ・アメデオ2世 ビットリオ・アメデオにせいVittorio Amedeo II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビットリオ・アメデオ2世
ビットリオ・アメデオにせい
Vittorio Amedeo II

[生]1666.5.14. トリノ
[没]1732.10.31. モンカリエリ
シチリア王 (在位 1717~20) ,サルジニア王国初代の王 (在位 20~30) 。カルロ・エマヌエレ2世の子。サボイア公として親フランス的な母公の摂政下に成人し,フランス王ルイ 14世の姪と結婚したが,ルイに反対してハプスブルク家に加担。スペイン継承戦争でも初めフランス側に立ったが,1703年ハプスブルク家に加わり,13年ユトレヒト条約により,シチリア島を獲得。 17年シチリア王となったが,20年のハーグ協定でシチリア島を手離す代りにサルジニア島の領有を認められ,巧みに外交を通じて領土を拡大し,サルジニア王国の初代国王となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビットリオ・アメデオ2世の関連キーワードカルロ・エマヌエレ3世サルデーニャ王国サルデーニャ島サボイア[家]ファルツ戦争ピエモンテ州サボイア家ユバラ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android