コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーグ協定 ハーグきょうていHague Agreement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーグ協定
ハーグきょうてい
Hague Agreement

1949年 11月2日オランダハーグで締結されたオランダとインドネシア間の主権の委譲に関する協定。その内容は,(1) 主権委譲憲章,(2) オランダ=インドネシア連合憲章,(3) 国籍,オランダ人官吏およびオランダ陸海空軍の取扱いに関する過渡規定,その他から成っている。この協定により同年 12月 27日インドネシアは4年間の独立戦争ののち正式に独立し,両国は対等な独立国としてオランダ=インドネシア連合を組織し,文化的,経済的に協力することになった。しかし,この協定で未解決のままにされた西イリアン (オランダ領ニューギニア) の帰属をめぐって再びインドネシアの民族運動が高まり,54年同連合は破棄され,協定も 56年に全面的に廃棄された (→西イリアン問題 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハーグきょうてい【ハーグ協定】

1949年8月23日より11月2日までオランダのハーグで,国連インドネシア委員会の助力の下,オランダ王国インドネシア共和国,インドネシア連邦構成国を当事者として開催されたハーグ円卓会議において合意され,全当事国の批准のあと12月27日に発効した協定。これによりオランダ王国は,ニューギニアを除くインドネシアの完全主権を無条件かつ最終的にインドネシア連邦共和国に委譲し,インドネシア連邦共和国を独立・主権国家として承認した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ハーグ協定の関連キーワードビットリオ・アメデオ2世インドネシア独立運動リンガジャチ協定サルジニア王国南マルク共和国レンビル協定

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android