コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビニルエーテル vinyl ether

世界大百科事典 第2版の解説

ビニルエーテル【vinyl ether】

一般式CH2=CH-O-Rで表されるエーテルの総称。レッペ化学のビニル化反応によってつくられる。たとえば,アセタールを白金触媒上で加熱分解して得られるエチルビニルエーテルC2H5OCH=CH2は沸点35.7℃の液体で,鎮痛剤などに用いられる。ビニルエーテル類は容易に付加重合してポリビニルエーテルとなる。この重合体は,塗料,接着剤,繊維処理剤,可塑剤などに広く用いられる。【中井 武】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビニルエーテル
びにるえーてる
vinyl ether

エーテルの酸素にビニル基が結合した構造のエーテルの総称。一般式はCH2=CH―O―R。ここでRは炭化水素基。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビニルエーテルの関連キーワードビニルアルコールポリ塩化ビニル複素環式化合物アクリルゴムイオン重合フッ素ゴムフッ素樹脂レッペ反応合成ゴム接着紙