鎮痛剤(読み)ちんつうざい(英語表記)anodyne

翻訳|anodyne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痛みを取除くか,軽くさせる薬剤。実用上はモルヒネコデインなどの麻薬系アルカロイド類のもの,非アルカロイド系 (麻薬外) の合成薬品,アスピリンをはじめとする解熱性鎮痛剤,3級アミン体を主とする自律神経節遮断剤などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 患部に疼痛を感じたとき、中枢神経系に働きかけて、痛みをとめる薬剤。大別して、麻薬性鎮痛薬と解熱性鎮痛薬がある。
※仰臥漫録(1901‐02)〈正岡子規〉一「午後八時腹の筋痛みてたまらず鎮痛剤を呑む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎮痛剤の関連情報