ビュッシング(英語表記)Büsching, Anton Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュッシング
Büsching, Anton Friedrich

[生]1724.9. シュタットハーゲン
[没]1793.5.28. ベルリン
ドイツの地理学者。ハレに学び,1749年ペテルブルグへの旅を契機に,統計学を重視する科学的な地理学の樹立を志した。 54年頃一時ゲッティンゲン大学哲学教授をつとめ,61年再度ペテルブルグにおもむいた。 66年以後フリードリヒ2世 (大王) 創設のグラウエン・クロスター高等学校校長。主著『新地誌学』 Neue Erdbeschreibung (1760以後) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android