コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュッシング Büsching, Anton Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュッシング
Büsching, Anton Friedrich

[生]1724.9. シュタットハーゲン
[没]1793.5.28. ベルリン
ドイツの地理学者。ハレに学び,1749年ペテルブルグへの旅を契機に,統計学を重視する科学的な地理学の樹立を志した。 54年頃一時ゲッティンゲン大学哲学教授をつとめ,61年再度ペテルブルグにおもむいた。 66年以後フリードリヒ2世 (大王) 創設のグラウエン・クロスター高等学校校長。主著『新地誌学』 Neue Erdbeschreibung (1760以後) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビュッシングの関連キーワードフェリペフェリペ[5世]近松門左衛門近松門左衛門墓アーサフ・ジャーアワド王国ハイデラバード王国ベネディクツス13世デフォーフェリペ(5世)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android