ビュッシング(英語表記)Büsching, Anton Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュッシング
Büsching, Anton Friedrich

[生]1724.9. シュタットハーゲン
[没]1793.5.28. ベルリン
ドイツの地理学者。ハレに学び,1749年ペテルブルグへの旅を契機に,統計学を重視する科学的な地理学の樹立を志した。 54年頃一時ゲッティンゲン大学哲学教授をつとめ,61年再度ペテルブルグにおもむいた。 66年以後フリードリヒ2世 (大王) 創設のグラウエン・クロスター高等学校校長。主著『新地誌学』 Neue Erdbeschreibung (1760以後) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android