コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーレンハイト ファーレンハイト Fahrenheit, Daniel Gabriel

5件 の用語解説(ファーレンハイトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファーレンハイト
ファーレンハイト
Fahrenheit, Daniel Gabriel

[生]1686.5.24. グダニスク
[没]1736.9.16. ハーグ
ドイツ物理学者,科学器具製作家。オランダイギリスで活躍した。ロンドンロイヤル・ソサエティ会員(1724)。光速測定で知られる オーレ・クリステンセン・レーマーの示唆に基づいて,精密な温度目盛りを定めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ファーレンハイト

ドイツの物理学者。おもにオランダ,英国で生活し,1724年ロンドン王立協会会員。1714年ごろ初めて水銀温度計をつくり,種々の液体の沸点,氷点を測定,沸点が気圧によって変わることを発見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ファーレンハイト【Daniel Gabriel Fahrenheit】

1686‐1736
ドイツの物理学者。ダンチヒの生れ。1701年の両親の死を機に,アムステルダムに出て科学装置製造業に従事,その後07年ころから10年間各国をまわり,各地で科学者たちと会って標準温度計の必要性を知り,水と氷が共存する温度と健康な男性の体温を固定点とする最初の標準温度計を製作,これが華氏温度目盛(中国でファーレンハイトに華倫海の字を当てたことに由来する)の原型となった。また,大気圧の高低による水の沸点変化にも気づいており,水の沸点の読みから直接に大気圧を決定することのできるような温度計も製作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ファーレンハイト【Daniel Gabriel Fahrenheit】

1686~1736) ドイツの物理学者。水が氷と共存する温度と健康な男性の体温を固定点とする最初の標準温度計を製作。 → 華氏温度

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファーレンハイト
ふぁーれんはいと
Daniel Gabriel Fahrenheit
(1686―1736)

ドイツの物理学者。ダンツィヒ(現、ポーランドのグダニスク)で商家の長男として生まれる。1701年、両親の急逝に伴ってアムステルダムに移り、科学機器製造の仕事に携わることになった。一時期ドイツ各地を周遊しライプニッツと文通もした。1717年アムステルダムに帰り、密度計、揚水ポンプなどの製造の事業を拡張した。そうした事業と併行して、諸物質の密度、沸点、膨張率などを測定し物性科学に貢献したが、最大の功績は温度計の目盛りの標準化である。健康な男性の口の中または腋(わき)の下の温度を90(のちに96)とし、氷と水の混合物の温度を30(のちに32)とした彼の考え(1724)は、欧米で今日も用いられる華氏温度目盛(。中国では彼の名に華倫海の文字をあてた)の発端となった。[高田誠二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のファーレンハイトの言及

【温度】より

…18世紀ころからは,各地の気温を比較する必要などのため,定量的測定の可能な目盛のある温度計が作られるようになり,氷の融点などを温度の定点とする提案がなされた。G.D.ファーレンハイトは1717年ごろに水銀温度計を製作し,水,氷,食塩を混ぜて得られる温度を0度,氷の融点を32度,体温を96度とする華氏温度目盛を考案し,42年にはA.セルシウスが氷の融点を0度,水の沸点を100度とする摂氏温度目盛(セルシウス度)を導入した。以後,温度計と温度目盛の改良は熱学の発展を促すことになった。…

【温度計】より

…ガラス管の中に液体を封入した構造の温度計は,17世紀半ばにイタリアなどで実用化され,ヨーロッパ各地に普及した。18世紀に入ると,G.D.ファーレンハイト,A.セルシウスらによって温度目盛の基準化が進められ,バイメタルを利用した温度計も考案された。19世紀の物理学の進展は,温度の概念に熱力学的および統計力学的な基盤を与えるとともに,電磁気現象や熱放射現象を利用する温度計,すなわち熱電対を利用した熱電温度計,金属や半導体の電気抵抗が温度によって変わることを利用した抵抗温度計,物体からの放射エネルギーの量を測定する放射温度計,輝度を標準の電球と比較して温度を測る光高温計などの発明をもたらし,また,温度測定の統一的な基準となる熱力学温度の単位の構想や,気体液化による低温の利用,電流の熱作用による高温の発生などを可能にした。…

【華氏温度目盛】より

…記号は゜F。ドイツ(現,ポーランド)の実験学者G.ファーレンハイトが1724年に提案した。彼は,寒剤で得られる最低温度を0,人体の温度を12(後に96)としたと伝えられる。…

※「ファーレンハイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファーレンハイトの関連キーワードヘルツウィーデマンウェーバダンチヒフェヒナーメスバウアーメーヤーベドノルツヘルツバーグクーシュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファーレンハイトの関連情報