コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビラースプル Bilāspur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビラースプル
Bilāspur

インド中部,マディヤプラデーシュ州東部の都市。ビラースプル県の行政庁所在地。チャテスガル平野北部の盆地内にあり,セオナス川 (マハーナディ川の支流) にのぞむ。 18世紀まではゴンド族の一王国の首都で,現在でもゴンド族,バイガ族などドラビダ系諸族が多く住む。農産物を集散するほか,製材,セラックを原料とするワニスの製造,絹織物生産が行われる。ラビサンカル大学のカレッジがあり,地域の教育の中心地。人口 19万 911 (1991) 。

ビラースプル
Bilāspur

インド北西部,ヒマチャルプラデーシュ州南西部の町。ビラースプル県の行政庁所在地。シムラ北西約 50km,シバーリク山脈南麓部,サトレジ川河谷のゴービンドサーガル (湖) 東岸に位置。 1814年にグルカーに侵略されるまではビラースプル藩王国の首都であった。伝統的な毛織物を産する。人口1万 608 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビラースプルの関連キーワードスルグジャ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android