コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビラースプル ビラースプルBilāspur

2件 の用語解説(ビラースプルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビラースプル
ビラースプル
Bilāspur

インド中部,マディヤプラデーシュ州東部の都市。ビラースプル県の行政庁所在地。チャテスガル平野北部の盆地内にあり,セオナス川 (マハーナディ川の支流) にのぞむ。 18世紀まではゴンド族の一王国の首都で,現在でもゴンド族,バイガ族などドラビダ系諸族が多く住む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ビラースプル
ビラースプル
Bilāspur

インド北西部,ヒマチャルプラデーシュ州南西部の町。ビラースプル県の行政庁所在地。シムラ北西約 50km,シバーリク山脈南麓部,サトレジ川河谷のゴービンドサーガル (湖) 東岸に位置。 1814年にグルカーに侵略されるまではビラースプル藩王国の首都であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone