コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビレンキ ビレンキBilenchi, Romano

2件 の用語解説(ビレンキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビレンキ
ビレンキ
Bilenchi, Romano

[生]1909.11.9. コッレバルデルサ
[没]1989.11.18. フィレンツェ
イタリアの小説家。両世界大戦間の文芸誌『セルバッジョ』『ウニベルサーレ』などに作品を発表。初めファシズム左派に属したが,1930年代の史的経験から反ファシズムに転じた。第2次世界大戦後は『ヌオーボ・コリエーレ』など,いくつかの主要紙誌の編集長となったが,56年にジャーナリストとしての活動をやめ,創作に専念して,失われた時代の思い出を幻想的な手法で描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビレンキ
びれんき
Romano Bilenchi
(1909―1989)

イタリアの作家。早くから創作に手を染め、学友であったM・マッカリ主宰の雑誌『セルバッジョ』Selvaggioに作品を掲載した。フィレンツェでとくにビットリーニと親交を深め、ファシスト左派の立場にたったが、やがて批判を強め、全国ファシスト党から除名される。ジャーナリズムに従事するかたわら、『アンナとブルーノ』(1938)、『サンタ・テレーザ音楽院』(初版1940、改訂版1973)、『干魃(かんばつ)』(1941)などの秀作を発表、早逝した作家F・トッツィの後を継ぐ若手の第一人者と目される。第二次世界大戦末期、レジスタンスに挺身(ていしん)したのち、戦後の新しい文化創造のために左翼系の新聞編集に打ち込み、作家活動から遠ざかった。長いブランクを挟んで1972年に『ロザイの沈黙』および『スターリングラードのボタン』の発表をもって復帰し、近作に『凍え』(1982)、評論集『暗黒の歳月のクロニクル』(1984)がある。[古賀弘人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビレンキの関連キーワードスバルレオポルド2世父の日ピーター・ドラッカーゴッチェジェーンズネットー山路愛山超変成作用分化作用

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone