コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビロン ビロンBiron, Ernst Johann

1件 の用語解説(ビロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビロン
Biron, Ernst Johann

[生]1690.11.23. クールラント
[没]1772.12.28. ミタウ
ラトビア生れのロシアの政治家。 1718年以来クールラント公妃アンナ・イワーノブナに仕える。 30年アンナロシア皇帝として即位すると,女帝の寵臣として事実上国政を牛耳り,「ビロン体制」と呼ばれる,悪名高いドイツ人支配を築いた。 37年クールラント公になり,女帝の死 (1740) 後,幼帝イワン6世の摂政となった。しかしロシア人貴族らの憤激を買い,40年ライバルであった B.ミュニヒによってシベリアに流された。のちピョートル3世により許され,エカテリーナ2世 (大帝) は彼をクールラント公に復した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビロンの関連キーワード在日米陸軍エッセイ庄内海岸砂防林宮崎市の古紙回収惲寿平楽家録久留島義太弘文館十二段聖堂

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビロンの関連情報