コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐三右衛門 アラシサンエモン

4件 の用語解説(嵐三右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あらし‐さんえもん〔‐サンヱモン〕【嵐三右衛門】

歌舞伎俳優。初世[1635~1690]は摂津国西宮の人。やつし事六方の名人。11世を数え、代々上方を中心に活躍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あらしさんえもん【嵐三右衛門】

歌舞伎俳優。11世まであるが,初世,2世,3世が著名である。(1)初世(1635‐90∥寛永12‐元禄3) 立役。丸小三右衛門と称して舞台を踏み,寛文頃《小夜嵐(さよあらし)》という狂言で当りをとって嵐と改姓。1674年(延宝2)または75年に上京,以後京坂で座本をつとめて活躍。六方やつし事を得意とし,やつしを主流とする元禄の上方歌舞伎の基礎を作った名優。(2)2世(1661‐1701∥寛文1‐元禄14) 初世の実子。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あらしさんえもん【嵐三右衛門】

(初世)(1635~1690) 江戸前期の歌舞伎俳優。大坂で活躍。俏やつし事と六方ろつぽうを得意とした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嵐三右衛門
あらしさんえもん

上方(かみがた)の歌舞伎(かぶき)俳優。昭和の11世(1906―1980)まであるが、初世がもっとも有名。初世(1635―1690)は、やつし事、濡事(ぬれごと)の第一人者として、大坂の劇壇で一大勢力を誇った嵐系の元祖。もと江戸の魚問屋の子。寛文(かんぶん)年間(1661~1673)に大坂で上演した『小夜嵐(さよあらし)』が大当りをとり、その台詞(せりふ)「花に嵐」にちなんで丸子(まるこ)の姓を嵐と改めたといわれる。その子2世(1661―1701)、孫の3世(1697―1754)までは立役(たちやく)で座元も兼ね、六方(ろっぽう)をお家の芸とし大坂の名物の一つとなった。4世から女方(おんながた)となり、また5世、8世はそれぞれ初世、4世嵐小六(ころく)の前名。[古井戸秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嵐三右衛門の関連キーワード市川団十郎尾上松助歌舞伎子歌舞伎役者名題下中村雀右衛門市川松蔦中島三甫右衛門中村歌六中山文七