コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐三右衛門 アラシサンエモン

デジタル大辞泉の解説

あらし‐さんえもん〔‐サンヱモン〕【嵐三右衛門】

歌舞伎俳優。初世[1635~1690]は摂津国西宮の人。やつし事六方の名人。11世を数え、代々上方を中心に活躍。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あらしさんえもん【嵐三右衛門】

歌舞伎俳優。11世まであるが,初世,2世,3世が著名である。(1)初世(1635‐90∥寛永12‐元禄3) 立役。丸小三右衛門と称して舞台を踏み,寛文頃《小夜嵐(さよあらし)》という狂言で当りをとって嵐と改姓。1674年(延宝2)または75年に上京,以後京坂で座本をつとめて活躍。六方やつし事を得意とし,やつしを主流とする元禄の上方歌舞伎の基礎を作った名優。(2)2世(1661‐1701∥寛文1‐元禄14) 初世の実子。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あらしさんえもん【嵐三右衛門】

(初世)(1635~1690) 江戸前期の歌舞伎俳優。大坂で活躍。俏やつし事と六方ろつぽうを得意とした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嵐三右衛門
あらしさんえもん

上方(かみがた)の歌舞伎(かぶき)俳優。昭和の11世(1906―1980)まであるが、初世がもっとも有名。初世(1635―1690)は、やつし事、濡事(ぬれごと)の第一人者として、大坂の劇壇で一大勢力を誇った嵐系の元祖。もと江戸の魚問屋の子。寛文(かんぶん)年間(1661~1673)に大坂で上演した『小夜嵐(さよあらし)』が大当りをとり、その台詞(せりふ)「花に嵐」にちなんで丸子(まるこ)の姓を嵐と改めたといわれる。その子2世(1661―1701)、孫の3世(1697―1754)までは立役(たちやく)で座元も兼ね、六方(ろっぽう)をお家の芸とし大坂の名物の一つとなった。4世から女方(おんながた)となり、また5世、8世はそれぞれ初世、4世嵐小六(ころく)の前名。[古井戸秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

嵐三右衛門の関連キーワード嵐 三右衛門(10代目)嵐三右衛門(10代)竹島幸左衛門(初代)嵐喜世三郎(初代)嵐三右衛門(3代)嵐三右衛門(4代)嵐三右衛門(2代)芳沢あやめ(1世)姉川新四郎(初代)岩井半四郎(初代)伊藤小太夫(2代)芳沢あやめ(初代)嵐三十郎(初代)嵐和歌野(2代)嵐三五郎(初代)岩井紫若(3代)嵐和歌野(初代)嵐富之助(初代)春山源七(2代)嵐珉子(初代)

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android