コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビワガイ ビワガイ Ficus subintermedia; underlined fig shell

2件 の用語解説(ビワガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビワガイ
ビワガイ
Ficus subintermedia; underlined fig shell

軟体動物門腹足綱イチジクガイ科。殻高 11cm,殻径 4.5cm。殻はやや薄いが堅固で,やや細長いイチジク形。螺塔は低く螺層は5階で,体層ははなはだ大きく下方へ次第に細くなる。殻表は黄褐色で,黒褐色の小斑と淡色の帯5~6本があり,多くの細い螺肋と成長肋とで布目になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビワガイ
びわがい / 枇杷貝
fig shell
[学]Ficus subintermedia

軟体動物門腹足綱イチジクガイ科の巻き貝。本州の房総半島以南、西太平洋全域に分布し、水深10~50メートルぐらいの砂泥底にすんでいる。殻高11センチメートル、殻径4.5センチメートルぐらいで、螺塔(らとう)は低く殻口が広く前溝のほうへ細まるさまは、ビワの果実、または英名のようにイチジクの果実を連想させる。殻表は褐色で、濃褐色の小斑点(はんてん)があり、また細い螺肋(らろく)と縦肋とが交わった細かい布目状彫刻を有する。殻口に蓋(ふた)はない。殻に雌雄差が現れ、雄の殻のほうがわずかに螺塔が高く、殻口が狭い。生時は上足で殻の一部を包んでいる。足裏は大きいが、雄のほうは前部左右に突起が明らかで、雌のほうには卵嚢(らんのう)をつくるポケットが認められる。肉は食用となる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビワガイの関連キーワード多板類頭足類軟体動物有肺類後鰓類前鰓類象水母磯粟餅多伎いちじく軟体類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone