コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビワガイ ビワガイFicus subintermedia; underlined fig shell

2件 の用語解説(ビワガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビワガイ
ビワガイ
Ficus subintermedia; underlined fig shell

軟体動物門腹足綱イチジクガイ科。殻高 11cm,殻径 4.5cm。殻はやや薄いが堅固で,やや細長いイチジク形。螺塔は低く螺層は5階で,体層ははなはだ大きく下方へ次第に細くなる。殻表は黄褐色で,黒褐色の小斑と淡色の帯5~6本があり,多くの細い螺肋と成長肋とで布目になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビワガイ
びわがい / 枇杷貝
fig shell
[学]Ficus subintermedia

軟体動物門腹足綱イチジクガイ科の巻き貝。本州の房総半島以南、西太平洋全域に分布し、水深10~50メートルぐらいの砂泥底にすんでいる。殻高11センチメートル、殻径4.5センチメートルぐらいで、螺塔(らとう)は低く殻口が広く前溝のほうへ細まるさまは、ビワの果実、または英名のようにイチジクの果実を連想させる。殻表は褐色で、濃褐色の小斑点(はんてん)があり、また細い螺肋(らろく)と縦肋とが交わった細かい布目状彫刻を有する。殻口に蓋(ふた)はない。殻に雌雄差が現れ、雄の殻のほうがわずかに螺塔が高く、殻口が狭い。生時は上足で殻の一部を包んでいる。足裏は大きいが、雄のほうは前部左右に突起が明らかで、雌のほうには卵嚢(らんのう)をつくるポケットが認められる。肉は食用となる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone