ビンクリスチン(読み)びんくりすちん

化学辞典 第2版の解説

ビンクリスチン
ビンクリスチン
vincristine

C46H56N4O10(824.94).ロイコクリスチンともいう.ニチニチソウCatharanthus roseusに微量含まれる二量体アルカロイド.融点218~220 ℃.+17°(ジクロロエタン).pKa 5.0,7.4(DMF).硫酸塩は分解点273~281 ℃.水,メタノールに易溶.λmax 220,255,296 nm(エタノール).急性白血病,悪性リンパ腫治療薬として使用される.LD50 2.2 mg/kg(マウス,静注).[CAS 57-22-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のビンクリスチンの言及

【ニチニチソウ(日々草)】より

…種子は果皮の裂開とともに飛び散るから,採種は摘取法によるか,ビニルマットを敷き,掃き集める方法をとる。ビンクリスチンvincristineなどのアルカロイドを含有し,細胞分裂阻害剤となり,臨床医学では抗癌剤として用いている。また古くは西洋でビール造りのホップの代用とされ,霊草として亡霊よけや媚薬(びやく)にも使われた。…

※「ビンクリスチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報