ピエール ラプラード(英語表記)Pierre Laprade

20世紀西洋人名事典の解説

ピエール ラプラード
Pierre Laprade


1875.7.19 - 1931.12.23
フランス画家
ナルボンヌ(南フランス)生まれ。
モントーバンブールデルのアトリエに通い、パリでアカデミー・カリエールに学ぶ。1901年アンデパンダン展に初出品の後、’03年サロン・ドートンヌの創立に参加する。フォービスムの画家と交友したがその影響を受けずに、灰色を基調に温和な色彩を用いて室内やパリの街頭風景を描く。画風はアンティミストと近似しており、フランス的で上品かつ情緒豊かな画趣を守る。’07年以来風物にひかれ、イタリアを度々旅行。主な作品に「モデルのいる室内」(’10年)があるほか、銅版画石版画、挿絵も手がける。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ピエール ラプラード

生年月日:1875年7月19日
フランスの画家,版画家
1931年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android