コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピオンボ ピオンボPiombo, Sebastiano del

2件 の用語解説(ピオンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピオンボ
ピオンボ
Piombo, Sebastiano del

[生]1485頃.ベネチア
[没]1547. ローマ
イタリアベネチア派の画家。本名 Sebastiano Luciani。ピオンボの通称は,のちに教皇庁に仕えたとき,「鉛 (ピオンボ) の封印」の保管方を命じられたことによる。画業は G.ベリーニのもとで始めたが,次第にジョルジョーネの画風に深く傾倒。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピオンボ
ぴおんぼ
Sebastiano del Piombo
(1485ころ―1547)

イタリア、ルネサンス期のベネチア派の画家。本名はSebastiano Luciani。ベネチアに生まれ、1547年6月21日ローマに没した。ピオンボの通称は1531年に教皇庁の鉛(ピオンボ)の封印の保管職に任ぜられたところからきている。ジョバンニ・ベッリーニの弟子となるが、同門のジョルジョーネから大きな影響を受けた。初期の作品として『聖人たち』(1507~09、サン・バルトロメオ聖堂)、『聖会話』(1508~10、サン・ジョバンニ・クリソストモ聖堂)などがある。1511年アゴスティーノ・キジの招きでローマに移り、ビラ・ファルネジーナに『ポリュペーモス』(1512~13)などの壁画を制作。ラファエッロとは相互に影響を与え合い、『ドロテア』(製作年不詳、ベルリン絵画館)、『アンドレア・ドーリア』(1526、ローマ、ガレリア・ドーリア・パンフィーリ)、『クレメンテ7世』(1526、ナポリ、カーポディモンテ美術館)などの優れた肖像画が生まれた。ミケランジェロからはいっそう強い影響を受けており、彼から与えられたデッサンを下絵にして『ラザロの蘇生(そせい)』(1519、ロンドン・ナショナル・ギャラリー)などの宗教画を制作、有名な『ピエタ』(1517ころ、ビテルボ市立美術館)もそのようにして描かれたといわれている。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ピオンボの関連キーワードHenryヘンリーリチャード阿蘇惟忠ヘンリー[7世]リチャードコルテスコルテスコルテスフランソワ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピオンボの関連情報