コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピオンボ ピオンボ Piombo, Sebastiano del

2件 の用語解説(ピオンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピオンボ
ピオンボ
Piombo, Sebastiano del

[生]1485頃.ベネチア
[没]1547. ローマ
イタリアベネチア派の画家。本名 Sebastiano Luciani。ピオンボの通称は,のちに教皇庁に仕えたとき,「鉛 (ピオンボ) の封印」の保管方を命じられたことによる。画業は G.ベリーニのもとで始めたが,次第にジョルジョーネの画風に深く傾倒。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピオンボ
ぴおんぼ
Sebastiano del Piombo
(1485ころ―1547)

イタリア、ルネサンス期のベネチア派の画家。本名はSebastiano Luciani。ベネチアに生まれ、1547年6月21日ローマに没した。ピオンボの通称は1531年に教皇庁の鉛(ピオンボ)の封印の保管職に任ぜられたところからきている。ジョバンニ・ベッリーニの弟子となるが、同門のジョルジョーネから大きな影響を受けた。初期の作品として『聖人たち』(1507~09、サン・バルトロメオ聖堂)、『聖会話』(1508~10、サン・ジョバンニ・クリソストモ聖堂)などがある。1511年アゴスティーノ・キジの招きでローマに移り、ビラ・ファルネジーナに『ポリュペーモス』(1512~13)などの壁画を制作。ラファエッロとは相互に影響を与え合い、『ドロテア』(製作年不詳、ベルリン絵画館)、『アンドレア・ドーリア』(1526、ローマ、ガレリア・ドーリア・パンフィーリ)、『クレメンテ7世』(1526、ナポリ、カーポディモンテ美術館)などの優れた肖像画が生まれた。ミケランジェロからはいっそう強い影響を受けており、彼から与えられたデッサンを下絵にして『ラザロの蘇生(そせい)』(1519、ロンドン・ナショナル・ギャラリー)などの宗教画を制作、有名な『ピエタ』(1517ころ、ビテルボ市立美術館)もそのようにして描かれたといわれている。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピオンボの関連キーワードベネチア・ビエンナーレベネチアガラスフリウリベネチアジュリアベネチア映画祭ベネチアングラスベネチアンブラインドリド島ベネチアへ贈り物を捧げるユノーベネチア・ジュリアベネチアン・レース

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピオンボの関連情報