コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピキシ Antoine‐Hippolyte Pixii

世界大百科事典 第2版の解説

ピキシ【Antoine‐Hippolyte Pixii】

1808‐35
フランスの物理機械器具製造家。1832年に最初の発電機をつくったことで著名である。発電機の原理は,31年にM.ファラデーが発見した電磁誘導の法則にある。32年のピキシの発電機は永久磁石を手回しして交流を得るものであり,のちA.M.アンペールの示唆で整流子をつけ加えて直流をとり出せるようにした。ピキシの発電機は,今日ロンドンの科学博物館とミュンヘンのドイツ博物館で見ることができる。これらの発電機は主として物理デモンストレーション用に使われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ピキシの関連キーワード有殻アメーバ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android