コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピキシ Antoine‐Hippolyte Pixii

1件 の用語解説(ピキシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピキシ【Antoine‐Hippolyte Pixii】

1808‐35
フランスの物理機械器具製造家。1832年に最初の発電機をつくったことで著名である。発電機の原理は,31年にM.ファラデーが発見した電磁誘導の法則にある。32年のピキシの発電機は永久磁石手回しして交流を得るものであり,のちA.M.アンペールの示唆で整流子をつけ加えて直流をとり出せるようにした。ピキシの発電機は,今日ロンドン科学博物館ミュンヘンドイツ博物館で見ることができる。これらの発電機は主として物理デモンストレーション用に使われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ピキシの関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)上田秋成検察ブルボン朝保育料滞納調査うけらが花運命加藤千蔭木内石亭

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピキシの関連情報