コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピキシ Antoine‐Hippolyte Pixii

1件 の用語解説(ピキシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピキシ【Antoine‐Hippolyte Pixii】

1808‐35
フランスの物理機械器具製造家。1832年に最初の発電機をつくったことで著名である。発電機の原理は,31年にM.ファラデーが発見した電磁誘導の法則にある。32年のピキシの発電機は永久磁石手回しして交流を得るものであり,のちA.M.アンペールの示唆で整流子をつけ加えて直流をとり出せるようにした。ピキシの発電機は,今日ロンドン科学博物館ミュンヘンドイツ博物館で見ることができる。これらの発電機は主として物理デモンストレーション用に使われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピキシの関連キーワードアラゴコリオリ重工業人間機械論列氏JEMAフランスソワール機械器具設置工事(建設業許可の一種)浜井産業サンエー工業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピキシの関連情報