コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピジン=クレオル語 ピジン=クレオルご pidgin-creole languages

1件 の用語解説(ピジン=クレオル語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピジン=クレオル語
ピジン=クレオルご
pidgin-creole languages

リングア・フランカの一種。基盤となっている言語が他言語との接触の結果著しく変容したものをピジン語といい,さらにピジン語がその地域の集団の母語となったものをクレオル語という。一般に,語彙・文法は単純化し,音韻は接触相手の言語の音韻体系の影響をこうむる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピジン=クレオル語の関連キーワードグアニル酸岩盤ヒーリングアートフラッギングアウトフランクリン鴎リンガフランカリングアフランカボイリングアップ土壌ランニングアレーウイングフォワード

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone