コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピタルコーラ石窟 ピタルコーラせっくつPitalkhorā Caves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピタルコーラ石窟
ピタルコーラせっくつ
Pitalkhorā Caves

インド,アーンドラ王国時代の石窟寺院。エローラ石窟の北西 37kmのサタマラ高原渓谷最奥部にあり,13の石窟群から成る。前3~2世紀頃から数世紀にわたって第1~9窟が造られ,1~3世紀に第 10~13窟が造営されたことが銘文や遺構,遺品などによってわかる。そのうち第3,4窟は前2世紀頃の造営で,前者はチャイティヤ窟,後者はビハーラ窟であり,第5窟も同じ古さを示す。第6,7窟は無柱式ホールで小室の中に木造付属物のあった穴の存在をはじめ,軒飾りや持送りに階段状の山形をつけるなど,紀元前後頃の造営を思わせる。第 10,11窟はストゥーパの進化した形態やストゥーパ細部の建築様式などから2~3世紀の造営と考えられる。彫刻遺品もアルカイックな作品群をはじめ,西アジア,ローマなどの彫刻の影響を受けている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピタルコーラ石窟の関連キーワードチャイティヤ窟ビハーラ窟

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android