コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピッチンニ Niccolò Piccinni

世界大百科事典 第2版の解説

ピッチンニ【Niccolò Piccinni】

1728‐1800
イタリアのオペラ・ブッファ作曲家。ナポリ,ローマなどで活躍した後,76年パリに移り住む。パリの音楽界を二分したいわゆる〈グルック=ピッチンニ紛争〉では,グルックの率いるフランス派に対して,イタリア派を代表してグルックと同台本のオペラ《タウリスのイフィジェニ》(1781)を作曲したが劣勢であった。美しい旋律を身上とする多数のフランス語とイタリア語のオペラのほかに,オラトリオ,交響曲,教会音楽がある。代表オペラ作品には《素直な娘》(1760),《ロラン》(1778),《ディドン》(1783)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピッチンニ
ぴっちんに
Niccol Piccinni (Piccini)
(1728―1800)

イタリアのオペラ作曲家。ナポリのサントノフリオ音楽院でレーオ、F・ドゥランテに師事し、オペラ・ブッファ『チェッキーナ』(1760)で空前の大成功を収め、後期ナポリ楽派の第一人者の地位を確立した。この作品の入念なフィナーレ構成法はモーツァルトをはじめとする後進に多大の影響を与えた。1776年からは招かれてパリに住み、グルックのオペラをめぐっておきていたいわゆる「グルック‐ピッチンニ論争」におけるイタリア派の旗手とされ、同じ台本による『トーリドのイフィジェニー』(1781)を競作するなどした。フランス革命でイタリアに帰ったが、98年ふたたびパリに戻り同地で没した。[大久保一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ピッチンニの関連キーワードニーノ ロータピッチーニ大久保

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android