コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピネー Pinay, Antoine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピネー
Pinay, Antoine

[生]1891.12.30. ローヌ,サンサンフォリアンシュルコアーズ
[没]1994.12.13. ロアール,サンシャモン
フランスの政治家。 1929年サンシャモン市長を皮切りに県会議員,県会議長,36~38年下院議員,38~40年上院議員。第2次世界大戦中,一時ビシー政府に協力したが,のちレジスタンス運動に参加。 46~58年下院議員。 48年経済担当国務相,50~52年公共事業相を経て,52年3~12月首相兼蔵相をつとめ,その通貨安定政策の成功は「ピネーの奇跡」といわれた。 55~56年外相,58~60年 C.ドゴールのもとで蔵相をつとめたが国内経済政策およびヨーロッパ統合について意見の対立から辞職。 73~74年政府調停委員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピネー
ぴねー
Antoine Pinay
(1891―1994)

フランスの政治家。実業界から政界入りし第二次世界大戦前、下院議員(1936~1938)、上院議員(1938~1940)を務めた。戦後ふたたび下院議員(1946~1958)を務め、穏健保守派の領袖(りょうしゅう)として経済担当国務相(1948~1949)、公益事業相(1950~1952)を歴任した。1952年に首相兼外相に就任しインフレ退治に手腕を発揮したが、インドシナ戦争の悪化に対処できず同年末退陣した。その後も外相(1955~1956)、第五共和政下の財務大臣(1958~1960)を務め、フランス経済の回復に貢献した。[平瀬徹也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ピネー

生年月日:1891年12月30日
フランスの政治家
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ピネーの関連キーワードジャン ソーバニャルグガルシア・ロルカフランス社会党ヨットの用語3月11日ロドリゲスロアール生年月日国民戦線ベルタン県会議員ヨット金約款グリム皮切り県会

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android