コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピメレア ピメレアPimelea; rice flowers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピメレア
Pimelea; rice flowers

ジンチョウゲ科ピメレア属の総称。約 80種がティモール,オーストラリア,ニュージーランドに分布。このうち,オーストラリア南西部に自生するピメレア・ロセア P.roseaが鉢植えで流通する。約 60cmになる低木で,披針形のつやのある葉が整然と4列に並ぶ。花被は4裂し,桃紅色,桃色,白色など。花は細い枝の頂部に,ジンチョウゲのような半球状の花序を形成。花序の直径は約 3.5cmになる。水はけのよい用土に植え,日当りのよい環境で育てる。高温多湿に弱いため,梅雨時や夏の雨に当てないようにする。冬期は明るい室内で,なるべく5℃以上に保って管理する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピメレア
ぴめれあ
[学]Pimelea

ジンチョウゲ科の半耐寒性常緑低木または草本。南東ニューギニア、オーストラリア、ニュージーランドなどに80種が分布。日本でよく栽培されるロセアP. rosea R. Br.はオーストラリア西部原産。高さ30~60センチメートルで叢生(そうせい)し、茎頂に径4~5センチメートルの頭状花序をつけ、50~100個の桃色の小花を集め、外側から咲き進む。日当りと排水のよい土でよく育つが、暑さや寒さにはやや弱く、夏は涼しい木陰で、冬は明るい室内で管理する。繁殖は挿木による。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android