コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュイゼギュール Amand‐Marie‐Jaques de Chastenet,marquis de Puységur

世界大百科事典 第2版の解説

ピュイゼギュール【Amand‐Marie‐Jaques de Chastenet,marquis de Puységur】

1751‐1825
F.A.メスマーによって創唱された動物磁気説に基づく病気治療を継承・発展させたフランスの貴族(侯爵)。屈指の名門の出で,軍人として活動するかたわら,居城のあったソアソン近郊のビュザンシーで行った治療は多くの患者を集め,とりわけ“磁化された”ニレの木を用いた集団治療や,患者の一人ラースVictor Raceを使ったパリでの公開実験は大評判となった。また軍務でおもむいたストラスブールに設立した〈盟友調和協会〉や,《動物磁気の確立と歴史のための覚書》(1784)などの著作を通じて磁気治療術の普及に努め,力動精神医学史上メスマーに劣らない特異な地位を占める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピュイゼギュールの関連キーワードボルテール産業革命史(年表)宝暦怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)フランクリン(Benjamin Franklin)藩学一覧瀬川菊之丞一条兼香大島蓼太田中藤六

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android