コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュイゼギュール Amand‐Marie‐Jaques de Chastenet,marquis de Puységur

1件 の用語解説(ピュイゼギュールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピュイゼギュール【Amand‐Marie‐Jaques de Chastenet,marquis de Puységur】

1751‐1825
F.A.メスマーによって創唱された動物磁気説に基づく病気治療を継承・発展させたフランスの貴族(侯爵)。屈指の名門の出で,軍人として活動するかたわら,居城のあったソアソン近郊のビュザンシーで行った治療は多くの患者を集め,とりわけ“磁化された”ニレの木を用いた集団治療や,患者の一人ラースVictor Raceを使ったパリでの公開実験は大評判となった。また軍務でおもむいたストラスブールに設立した〈盟友調和協会〉や,《動物磁気の確立と歴史のための覚書》(1784)などの著作を通じて磁気治療術の普及に努め,力動精神医学史上メスマーに劣らない特異な地位を占める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピュイゼギュールの関連キーワードスマートカードウスマーンビスマーク諸島キスマークスマートボールスマートバッグスマートホンドマーニピースマークスマホ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone