コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピョートル大帝湾 ピョートルたいていわん zaliv Petra Velikogo

3件 の用語解説(ピョートル大帝湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピョートル大帝湾
ピョートルたいていわん
zaliv Petra Velikogo

ロシア南東部,プリモルスキー地方南部沿岸にある湾で,日本海西部に位置する。奥行 80km。幅は湾口部で約 200km。湾内にウスリー,ポシエト,ボストーク,アメリカアムール,ストレロクなどの支湾があって天然の良港を提供している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ピョートルたいていわん【ピョートル大帝湾】

ロシア連邦、沿海州南部の日本海に臨む湾。湾岸は出入りに富み、ウラジオストク・ナホトカなどの港湾都市がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピョートル大帝湾
ぴょーとるたいていわん
Залив Петра Великого Zaliv Petra Velikogo 

ロシア連邦の極東、沿海地方南端近くにある湾。南の日本海に向かって開いており、湾口の幅は約200キロメートル、奥行約80キロメートル。沿岸はすべてロシア連邦領で、海岸線は屈曲に富んでいる。アムールスキー、ウスリースキー、ポシェタ、ストレロク、ボストーク、アメリカなどの小湾に分かれている。代表的な港湾都市は、アムールスキー湾に面したウラジオストク、アメリカ湾に面したナホトカ。冬季には結氷する。
 1957年7月、当時のソ連閣僚会議はこの湾を内海として宣言し、湾頭を結ぶ線を領海12海里の基線とすることを決定、湾内に公海の部分があると主張する日本やアメリカは、国際法上ソ連の決定に根拠がないと抗議した。[津沢正晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピョートル大帝湾の関連キーワードプリモルスキー地方モルトプリモルスキ公園malt whiskeyムラビヨフアムールスキー公園ムラビヨフアムールスキー通り沿海地方軽井沢プリンスホテルスキー場マルスウイスキー アンバーモルテージ 駒ヶ岳ピュアモルトウイスキー 10年

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone